懐かしの味『高遠棒ほうじ』


きれいに篩分け、選別された棒茶原料を使用し、

昔ながらの製法、直火焙煎で仕上げています。


先ほど、ご年配のお客様に「懐かしい味がして、とっても美味しかったの」

とのお言葉をいただきました。


とても嬉しくて、、


というのも、この高遠棒ほうじをつくるにあたってのテーマが、

〝地元に寄り添う日常茶をつくる” でした。


伊那の地は、山に囲まれた土地柄、お漬物や佃煮といった濃い味の保存食が

食べられていました。

だから、お茶も濃く、香りのあるものが好まれます。


しっかり香りがあり、味がしっかり出るお茶をつくるために

焙煎が強火で均一になるよう、棒茶原料を選びました。


食や地域の歴史を調べるにつれて、製法も昔から親しまれている味わいが

表現できらたと思いはじめ、昭和初期時代からつかわれていた、

ドラム式直火焙煎機を使用しています。


どこか懐かしさを感じる、

大人から子供まで、

みんなに飲んでもらえる

昔話に花が咲く、

そんな存在であってほしいですね。